COLUMN

季節の香り、おすすめの香りなど

ひと足先に暖かな風を運ぶdiptyqueアイテム

2月の立春を過ぎれば、暦の上ではもう春。まだまだ重いコートを手放せない時季に、一足先に暖かな風を感じる優しい花々の香りで軽やかな気分へ導きます。

diptyque ボディバーム ロンブルダンロー

カシスの葉のグリーンとブルガリアンローズのみずみずしい香りが全身を包み込みます。

マンゴーバターが配合されたボディバームは、するりと伸びがよく、とろけるようなテクスチャー。一日の終わり、贅沢ボディーケアで張り詰めた気持ちをゆったりと開放しましょう。

オードトワレ フローラベリオ

アップルブロッサムとオスマンサスをメインにベルガモット、レモン、カロン、コーヒー豆、セサミシードが奏でるフローラルフルーティーの香り。

まるで、花々と果実の花輪を持っている天女が優しく穏やかな雰囲気に包まれた海岸沿いを歩くよう。柔らかな香りは、優しい雰囲気を印象づけます。

diptyqueルームスプレー ミモザ

春の訪れを一足先に知らせるミモザ。黄色く繊細な花々は、ほのかな甘さを感じ、パウダリーでグリーンがかった香りは、まるで陽だまりのよう。一足にお部屋に暖かな風を呼び込みます。

diptyqueキャンドル ヴィオレット

小さく可愛らしいスミレ。パウダリーフローラルの控えめな香りは親しみやすく、優しい気持ちに導いてくれるよう。暖かい室内でゆらぐ炎を見つめながら、これから訪れる新しい季節に期待が高まります。